日本語 | English

日本海水学会会長挨拶  Message from president

 「海の化学(Marine Chemistry)」という研究分野があるのを知ったのは、私が博士課程に進学して「海水からのウランの採取」の研究に取り組んでいる頃でした。理学部の図書館で見つけた雑誌名が“Marine Chemistry”でした。いまになってInternetで調べると、ELSEVIER社から出版されていました。ついでに、周辺の雑誌を調べると、生物関連ではMarine Biology、物理関連ではJournal of Oceanography(ともにSpringer社)がありました。さらに、Marine Environmental Research、Marine Mining、Journal of Marine Science and Technology, Journal of Ocean Engineering and Marine Energyと続々と見つかりました。「化学」「生物」「物理」「環境」「鉱物」「構造物」「発電」といったキーワードが、海と組み合わさって雑誌の内容が決まっています。

 海に関するこれらのキーワードの内容をカバーし、さらに6つの研究会をつくって活動しているのが『日本海水学会』です。海からの恵みと言えば「魚」ですが、海底のスープとみなせる海水からの恵みは「溶存成分」です。私たちは塩類を海水から提供してもらっている一方で、海水温を高め、海水の水質を低下させています。「海が悲鳴をあげている」と思って研究開発を進めることが今こそ必要です。
『日本海水学会』には、海を愛する研究者・技術者が集まっています。ぜひ、入会し、学会に参加してください。
 
斎藤 恭一(日本海水学会 会長)

Message from president  日本海水学会会長挨拶

Sustainable Utilization of Seawater
President Kyoichi SAITO

 Various journals concerning the sea and ocean have been published: Marine Chemistry, Marine Biology, Journal of Oceanography, Marine Environmental Research, Marine Mining, Journal of Marine Science and Technology, and Journal of Ocean Engineering and Marine Energy. These publications combine research associated with the sea with chemistry, biology, physics, the environment, minerals, construction, and energy generation. Our society covers essential keywords for the sea and has several research groups dedicated to activating researchers and engineers.
 The fruits of seawater, also called the soup of seafloor, are its dissolved components. By utilizing the dissolved components, we will raise the seawater temperature and degrade the seawater quality. The leading challenge that our society faces is the sustainable utilization of seawater. We look forward to your participation in our society.