平成30年度 日本海水学会賞受賞候補者の推薦について

2017年11月10日

表彰審査委員会

 日本海水学会では会員の顕著な業績に対して毎年表彰を行っています.日本海水学会賞各賞の概要は表1に示す通りです.平成30年度の表彰については,来年3月中に表彰審査委員会で受賞者が選考され,6月の第69年会総会において表彰式がとり行われます.多くの受賞候補者をご推薦いただくことを期待しています.参考のため,最近10年の受賞者と受賞内容を表2に示します.
 日本海水学会誌への報文,論文等の投稿,および本学会での研究技術発表や講演などの活動事績が選考に当たっての重要な審査項目となります.常日頃から積極的な投稿,発表を心掛けるようお願い致します.
 なお,ご推薦下さる場合は添付の書式にならい,1)受賞区分,2)候補者の氏名,フリガナ, 3)候補者の所属機関・部署および役職名,4)候補者の生年月日,出身地,学位・称号等,5)候補者の連絡先(住所,電話,Fax,E-mail),6)候補者の略歴(学歴,職歴,表彰歴など),7)研究題目,8)功績概要および業績目録(学会賞・研究賞・技術賞・奨励賞は主な報文および特許等を記述する),9)推薦理由,10)推薦者の氏名,11)推薦者の所属・部署および役職名,12)推薦者の連絡先(住所,電話,Fax,E-mail)を記した推薦書を2017年12月15日(金)までに下記宛にご送付下さい.電子書式(Wordファイル)は下記リンクからダウンロードして下さい.

  ◆日本海水学会賞受賞候補者推薦書◆
          ↑ダウンロードはこちら↑

送付先:〒256-0816 神奈川県小田原市酒匂4-13-20
    (公財)塩事業センター海水総合研究所
    日本海水学会事務局 表彰審査委員会
    Tel&Fax 0465(47)2439    E-mail office@swsj.org


               表1 日本海水学会賞*

名称区分

対  象  者

授賞件数

授賞内容

学 会 賞

塩および海水等の科学技術に関連する学術および技術の発展に多大な貢献をした者

若干名

賞状,賞牌,副賞(賞金)

研 究 賞

塩および海水等の科学技術に関する顕著な研究業績のあった者

若干名

賞状,賞牌,副賞(賞金)

技 術 賞

塩および海水等の開発利用に関する技術開発,発明考案,技術改良,技術指導に顕著な業績のあった者

若干名

賞状,賞牌,副賞(賞金)

奨 励 賞

40歳未満の若手研究者で塩および海水等の科学技術に関する顕著な研究業績のあった者

若干名

賞状,賞牌,副賞(賞金)

功 労 賞

塩および海水等に関する科学技術の進歩発達に貢献された者,および本学会の活動や運営を通じて本会の発展に特別に功績があった者

若干名

賞状,賞牌

* 平成22年6月総会より,学術賞が廃止され,「学会賞」と「研究賞」が新設されました.
   詳しくは,本誌64巻4号後付「日本海水学会会則・規約の改定について」をご参照ください.

学会賞受賞者(2008_2018).jpg

                    上記画像(表2)クリックで拡大